「駐車場事業をする」の活用方法

駐車場事業は、立地条件が絞られますが、使用していない更地や遊休地をノーリスクで安定した収益へ変えることができます。固定資産税の節税や、子供が結婚したときに家を建ててあげたいなど様々な方がいらっしゃいます。

駐車場の種類

駐車場といっても規模や種類など多種多様です。青空の更地に区切り線を引いただけのものから管理人が常駐したタワーパーキング、駐車場ビル、各地で目につくコインパーキングと、経営形態にも様々なスタイルがあります。
駐車場経営の特徴でありメリットは、なんといっても比較的少ない資金で始められ、仮に失敗してもそのダメージは小さく、低リスクであるということです。規模が大きくなるとそれに見合った売上げがある分、建設費も大きくなり、必然的にリスクも大きくなりますが、一定の土地の広さ、使える予算の範囲内であれば手軽に経営できます。但し、駐車場には賃貸住宅以上に経営パターンが多彩。簡易な屋外タイプから数千万~数億円を投じる駐車場ビル、タワーパーキングなど様式は幅広く、運営も無人あるいは管理人常駐、時間限定、24時間オープンと、ニーズに対応した様々な経営スタイルがとられています。

駐車場事業の事例

立体駐車場

立体駐車場

狭小地であっても立体化することで敷地を最大限に利用するプランニングが可能で、大規模駐車場にも対応できます。駅前等の立地にはお勧めですが、建設コストも規模や階数によって異なりますが、平面駐車場よりかかります。
コイン駐車場

コイン駐車場

平地をそのまま利用するタイプで建設コストを抑えられます。安全に配慮した駐車場ともいえます。

メリット

  • 初期投資は少ない。
  • 立地さえ良ければ狭い敷地でも活用が可能です。

デメリット

  • 投資コストが低いかわりに収入も少ない事業です。
  • 駅前、商業地等 立地がかなり絞られる事業です。

土地活用方法の事業紹介

所有している土地の立地条件から検索

 

活用方法から検索


  閉じる