「郊外や開発可能な農地」の活用方法

郊外や開発可能な農地を土地活用したいとお考えの方には、物販店舗や複合商業施設、ドライブインなどをご提案しています。但し、農地の場合は開発可能な農地であることが前提となります。
※郊外や開発可能な農地とは、市街地に隣接した田園地帯のことをいいます。開発可能な農地であれば農地以外の活用にも適しています。

郊外が開発可能な農地にオススメの事業一覧

工場

工場・倉庫

効外であっても、一段の大きな土地やICに近い等の利便性が高い土地であれば、工場や倉庫、物流施設等の誘致が可能な場合もあります。優良企業との取引によって資産売却または長期に渡り安定収入が得られます。
ドライブイン

ドライブイン

通常 建築不可能な市街化調整区域であっても沿道サービス施設(ドライブイン、コンビニエンスストアー、給油所等)は建築可能な場合もあります。優良企業との取引によって資産売却または長期に渡り安定収入が得られます。
複合商業施設

複合商業施設

効外であっても、一段の大きな土地やICに近い等の利便性が高い土地であれば、大型商業店舗、複合商業施設の誘致が可能な場合もあります。優良企業との取引によって資産売却または長期に渡り安定収入が得られます。
太陽光発電システム

太陽光発電システム

広大な土地を所有しているが道路付きが悪く、単純な開発ができない、傾斜地を所有している等 事業性建物の建設や第三者への賃貸が難しい土地の場合、今や太陽光発電の設置もりっぱな土地活用です。
高齢者住宅

高齢者住宅

高齢者社会に伴い需要が更に高まる傾向にあり、地域の社会貢献にもつながります。

土地活用方法の事業紹介

所有している土地の立地条件から検索

 

活用方法から検索


  閉じる