GIS(地理情報システム)診断

GISとは

GISとは、Geographic Information System(s)の略称で、日本語では「地理情報システム」と訳されます。地理情報および付加情報をコンピュータ上で作成・保存・利用・管理・表示・検索するシステムのことを指します。

GIS診断では、人工衛星、現地踏査などから得られたデータを、空間、時間の面から分析・編集し、マーケット分析に不可欠な商圏人口や人口分布、年齢構成、学校等の生活利便施設との距離関係、競合企業との位置関係など様々な角度から、土地や物件の評価を行います。GISにより、あらゆる方面から土地(物件)の分析が可能であり、立地の将来性を見据えた、より精度の高い事業計画の組み立てが可能です。

GIS診断でできること

市場調査

国税調査や商業統計などの地域データを基に調査を行います。分布範囲が500mメッシュで色分けされた人口分布、世帯分布結果などから、出店可否の判断や、商圏特性に応じた品揃えの展開などが行えます。

市場調査1

市場調査2

商圏調査

店候補地や既存店周辺の市場調査結果から、地域特性を把握するための分析を行います。例えば、車で移動可能な商圏(ドライブ商圏)などの分析は、郊外型で駐車場を備える施設などのマーケティングに利用できます。

商圏調査1

商圏調査2

お問い合わせ

土地活用方法の事業紹介

所有している土地の立地条件から検索

 

活用方法から検索


  閉じる